アクセスカウンタ

チョコっとだけお手伝い(U)

プロフィール

ブログ名
チョコっとだけお手伝い(U)
ブログ紹介
チョコっとだけお手伝い(U)はどこにでもある食材の性質や効果的な摂取方法。ベランダ栽培の簡単な家庭菜園など掲載します。そして「食」に関する社会問題も取りあげたいと思います。
 


母の介護ブログはサイトを移動しました。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ゴーヤもお盆まででしょう
ゴーヤもお盆まででしょう ゴーヤが毎日6〜7本採れるので同じメニューでは食べてくれません。レシピに困りますね。朝はゴーヤ・ジュースに色々な果物を入れ飲みます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/06 00:00
陽光は肥料より大事
陽光は肥料より大事 明日からお盆週間になります。アイコは7月後半には大豊作でしたが、この3日間でこのくらいの収穫。 何にでも使える「トマト・ベース」を作りました。他には玉ねぎ・人参・セロリのみじん切りです。塩を少々のみで何にでも使えるように無味です。リコピンがたっぷり。 太陽光の大好きなアイコ。昨日まで約10日間、梅雨に戻ったように曇天と突然の雷雨の日々でした。アイコは沢山開花した花が実を生らす事もなく散りました。トマトは太陽が大好きです。肥料よりも太陽が実りには欠かせません。葉も枯れる部分が増えて茎を沢山... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/06 00:00
ピーマン・ソテー
ピーマン・ソテー パプリカの一種「なりなりピーマン」は甘味が生かされ塩か醤油のベース味で美味しいです。通常のピーマンよりも肉厚でピーマン独特の臭いも薄く子供にも好まれるでしょう。とにかくピーマンもパプリカもナス科の唐辛子の一種ですから栄養価は余り変わりがありません。甘味はやはりパプリカですね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/05 07:00
麺を使ったチャンプル
麺を使ったチャンプル チャンプルとは沖縄の言葉で「混ぜたおかず」のレシピの総称のようです。春雨を使った「春雨チャンプル」です。鳥ガラ・ブイヨンをベースにしたスープ200ccに春雨50gを茹でます。その鍋に砂糖小1・醤油大1・1塩少々・生姜汁小1を入れ・好きな野菜を入れて沸騰させます。最後に香りが逃げないように消火しごま油小2を入れ片栗粉でとろみをつけます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/04 22:00
「白レイシ」というゴーヤ
「白レイシ」というゴーヤ 「白レイシ」というゴーヤを収穫しました。ワタワタを取り塩もみして2〜3分湯煎し通常の炒め物・煮物レシピ揚げ物にも、殆ど苦くないゴーヤです。 昨年までは沖縄「あばしゴーヤ」だけを植えていました。今年は節電対策でゴーヤが大ヒットして、ホーム・センターにも色々な種類のゴーヤの苗を販売していました。その中で苦味が少ないゴーヤ「白レイシ」とありました。「お一人様一個限り」という限定ゴーヤでした。あばしゴーヤを植えてから二週間後に苗を植えました。たしかに同じようにゴーヤ・チャンプルを作っても苦... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/03 20:00
白レイシを高野豆腐で
白レイシを高野豆腐で 白レイシは調理後には苦さを感じないゴーヤです。急な時の常備してある高野豆腐とクックドゥーを使いゴーヤ・チャンプルを作ってみましょう。因みに今日使用したものは「麻婆茄子」味です。10分で出来上がります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/03 18:00
ゴーヤ・チップス
ゴーヤ・チップス 夏休みの子供には栄養豊富な「ゴーヤ・チップス」を作りましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/02 20:00
一夜漬けの乳酸菌
一夜漬けの乳酸菌 一晩漬けるだけでいい「浅漬け」は多くは冬に利用される事が一般的です。それは、ある程度低温でじっくり発酵させる漬物だからです。糠づけほど乳酸菌はありませんが「大事な乳酸菌食品」です。浅漬けには漬物1グラムあたり1億以上あり免疫力を高めたりする効果があります。夏の浅漬けは気温に注意しなければなりません。高温で長い時間常温に置くと漬物の発酵は腐敗となる悪玉菌を増やすからです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/01 20:00
ゴーヤ・チャンプル
ゴーヤ・チャンプル ゴーヤ・チャンプルはゴーヤの十八番です。我が家はオイスター・ソース味もレシピにして作ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/31 09:00
ゴーヤの佃煮と洗濯機
ゴーヤの佃煮と洗濯機 先日の民放BSで沖縄のレシピでゴーヤ・チャンプルとゴーヤの佃煮を紹介していました。民家の普通のおばあちゃんが作っていたので、レシピの分量は詳細に云ってませんが、TVを観た状況から作って見ました。ここで一番びっくりした事は塩漬けしたゴーヤの水切りです。昔は足で押して水を切ったようですが、ナント今は「洗濯機の脱水」を使うというので大丈夫かなと思いながらしトライしました。なるほど!スゴクしっかり水が切れて後から調味料を入れて煮てもまろやかで、ゴーヤ嫌いな方にも食べれそうです。加熱にも強いビタミ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/30 17:00
雑穀米はエネルギー源
雑穀米はエネルギー源 雑穀米とは、白米に玄米、粟、ひえ、きび、ハトムギ、大麦、黒米、赤米、アマランサス、キノアなど数種類の雑穀を混ぜて炊くご飯のことです。白米だけではエネルーギー源にはならないのですが、ミネラル、ビタミンを含む雑穀米は「点火」の役割を担います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/29 21:00
トマト・ジャム
トマト・ジャム アイコの果皮はとても肉厚です。これは「ペクチン」という食物繊維の一種で、ジャムを作る時には無くてはならない成分です。ペクチンは、血液中のコレステロール値を下げます。またトマトの色素は、リコピンです。これはβ−カロテンと同じ、カロテノイド色素の一つですが、β−カロテンが体内でビタミンAに変化する一方、リコピンはそのまま抗酸化作用が強い成分へ移行していきます。リコピンは加熱に強くて尚且つ加熱調理した物ほど抗酸化力が増すのです。ですから、市販のトマト・ジュースやケチャップにも多く含有しています。ア... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/28 21:00
ゴーヤ・ジュース
ゴーヤ・ジュース ゴーヤは中にあるワタワタを底まで全部取ります。ミクサーにかける場合は、市販のレモン汁かレモンを必ず入れましょう。ビタミンC破壊酵素であるアスコルビナーゼからビタミンCを守ります。カットしたゴーヤ・トマトかトマトジュース・レモン汁・砂糖(お好みで)攪拌します。ミキサーにかけると沈殿しますが、濾さないでそのまま食物繊維もたっぷり摂りましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 21:00
幼児にも美味しいゴーヤ・パンケーキ
幼児にも美味しいゴーヤ・パンケーキ 夏休みですね。学校では給食があります。母親は夏休みに入ると給食の有り難さが判る季節です。ゴーヤは繁殖し毎日何本も採れます。ゴーヤはビタミン・ミネラル・カロテンの宝庫です。ゴーヤのワタワタを丁寧に削りミキサーにかけたものをパンケーキに入れたら苦味が殆ど失くなります。美味しいゴーヤ・パンケーキは市販のホットケーキ・ミックスを利用して作ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/27 21:00
ゴーヤは何色でもジャムに・・・
ゴーヤは何色でもジャムに・・・ ゴーヤは青色・黄緑・まっ黄色のなんでも食べられます。ジャムにするなら栄養素が一番多い未熟な青色ゴーヤにはジャムにする「ペクチン質」が少ないため市販のペクチン・パウダーを加えたり、ペクチンの多いりんご等とミックスしても良いでしょう。まっ黄色の完熟ゴーヤにはペクチン質が多くジャムに一番合っています。我が家は青色の場合はやや多めの砂糖を加えて(Gel)ゲル状(英語ではジェル)に出来ます。ゴーヤのわたわたに近い白い部分には血液さらさら効果・血糖値を下げ動脈硬化予防にもなる成分や酵素があります。勿... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 22:00
ゴーヤの旨味が増す「ピクルス」
ゴーヤの旨味が増す「ピクルス」 ビタミンCは壊れやすい水溶性ビタミンです。しかし、ゴーヤの調理後のビタミンC残存率は極めて優秀です。加熱し炒めても、蒸しても、水溶液にも余り壊されずに残っています。そのゴーヤの栄養素の宝庫は苦いワタワタ部分にあります。まさに「良薬口に苦し」。しかし、青々としたゴーヤは夏のビタミンC確保、カロテンやミネラルの供給には安価でありレシピも多彩です。ゴーヤはどんどん繁りますから、色々なレシピで飽きないように食卓に添えたいです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/26 00:00
夏にはナス・カレー
夏にはナス・カレー 子供の好きなレシピは@カレーライスです。カレーライスはスープに溶けた野菜や肉の栄養はとっても優秀で合理的です。夏のカレーライスには是非、ナスをたっぷりとカレーに入れましょう。ナスの抗酸化力を発揮するにはやはりスープに溶け出たナスニンなどでしょう。茄子の皮のポリフェノールをいっぱい摂りましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/25 05:00
アイコの最後の脇芽からの苗の定植
アイコの最後の脇芽からの苗の定植 アイコは最盛期です。今日だけでも大小はありますが、30個くらい採れました。台風の後は、曇よりとしていた2日間でした。今日は快晴で猛暑です。猛暑が続き夏が早く終わりそうな気配です。「最後のアイコの脇芽」を定植することにしました。どうでしょうか?アイコはもう遅いかもしれませんね・・・。お盆が過ぎるとかなり気温が低くなる日があるやもしれないからです。春の種蒔きからのアイコはリサイクル土でした。「土」は強力なサポートになるので短い夏に向かい、タキイ種苗の野菜用培養土を使いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/24 00:00
ゴーヤいなり
ゴーヤいなり ゴーヤの季節です。今年も去年並みに好調です。ゴーヤは苦味だけで嫌いな方が多いですね。苦味は実の中のわたわたをしっかりと底まで取り去る事でしょう。ゴーヤを甘く炊いて稲荷寿司の具にしました。好評でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/23 06:00
ナスの皮つき味噌汁はポリフェノールたっぷり
ナスの皮つき味噌汁はポリフェノールたっぷり 京ナスが初収穫です。ナスは「ナスニン」という有効な抗酸化作用のあるフラボノイド色素で、それはポリフェノールのアントシアニン系の紺色です。茄子の皮は是非、剥かないで摂りましょう。ナスは油と相性が良いので、調理で溶け出たポリフェノールを飲みましょう。ナスの皮に含まれる抗酸化作用ある「紺色」は簡単に油脂やも水にも溶けるので巧く食べる事が大事です。シンプルに味噌汁やスープ類。炒めて片栗粉などであんかけ状態にすれば合理的です。京ナスを味噌汁に皮ごと入れると、味噌汁の中にポリフェノールのナスニンが溶... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/22 00:00
「もんこさんのキューリの佃煮」作ってみました。
「もんこさんのキューリの佃煮」作ってみました。 もんこさんのキュウリの佃煮を作ってみました。調味料は原則的には同じです。添加物は少々変えました。生姜と昆布・赤唐辛子だけです。試食しましたが、これは目からうろこでした。美味しく頂きました。もんこさんのキュウリの佃煮を食べたらキューリの市販品は食べれないですね。かめさんのあすなろ日記経由「もんこさんレシピ」からチャレンジしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/21 01:00
アレンジして「キュウリの煮物」
アレンジして「キュウリの煮物」 もんこさんのキュウリの佃煮からキュウリの煮物としてアレンジしました。キューリは一夜漬けしない生のままでやや厚くスライスして水から煮ます。キュウリは栄養素が余り期待出来ない野菜です。カリウム・ビタミンC・カロテンは極微量で無に等しいのです。その為に日本人の知恵で古来から糠漬けなどで乳酸菌食品としてキュウリは栄養素と滋養作用がある食品に変身します。しかし、現在キューリには「脂質分解酵素」がある事が判って来ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/21 00:57
なでしこ応援「タコ」^^3分クッキング
なでしこ応援「タコ」^^3分クッキング タコには亜鉛が豊富です。亜鉛不足から味覚障害を起す事はご存知でしょう。ファースト・フードやレトルト食品なんどに含まれる添加物や医薬品(特に重金属類や抗生物質)に依存する場合に起こる副産物を身体から排除する解毒作用のある優れたミネラルです。また亜鉛はビタミンAの吸収を促し他の魚介類同様にタウリンが豊富で肝臓にも良い食品です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/17 14:00
アイコと「金のねぶた」と不発弾
アイコと「金のねぶた」と不発弾 今年の名古屋はこの二週間で7月としては連続真夏日の新記録とか。アイコは7月からの猛暑にも関わらず珍しく順調で、初めて生ったアイコの苗木は未だ青い実が40個あります。1本のアイコで合計100個くらい採れそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/16 21:00
ビタミンCたっぷり混ぜご飯
ビタミンCたっぷり混ぜご飯 加熱処理すると破壊され易く猛暑で汗と一緒に失われるビタミンCを混ぜご飯で簡単に取りましょう。れんこんとピーマンのビタミンCはじゃが芋のように加熱調理にも破壊されにくいのです。加熱後の残存率は豊富でかんきつ類に匹敵します。ピーマンには豊富なビタミンEとビタミンPがあるのでビタミンCの体内吸収を一層高めます。これこそ相乗効果いやトリプル効果です。ビタミンCはコラーゲン生成には欠かせぬビタミンであり免疫力を高めます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/16 00:30
ためしてガッテンから
ためしてガッテンから NHKの「ためしてガッテン」は信頼する調査で専門的な知識がなくても判りやすいデータの取り方と解説で人気のある情報番組です。2ヶ月前にも同様な類のタイトルでミルクを飲むことが良いと言っていました。一昨日は熱中症対策で「血液から強くなる・・・」でした。軽い運動として30分程度を速足で歩いた後に300cc位のミルクを飲むと良いという興味深い解説でした。しかしミルクを飲むと下痢する方が日本人には意外に多いのです。さて困りましたね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/15 05:00
なんでも巻こう「生春巻き」
なんでも巻こう「生春巻き」 家庭菜園のキューリが毎日5本程度採れます。糠漬けにして毎日食べても、サラダにしてもまだまだ余ります。生春巻きにして、手巻き寿司のようにすれば簡単です。自分で簡単に巻ける生春巻きは豪華に見えて冷蔵庫の中の野菜を片付ける絶好のチャンスです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/14 06:00
『生』の生姜とシソの効果
『生』の生姜とシソの効果 食品とある食品がそれぞれの良さを引き出す効果、いわゆる「相乗効果」が「生」の生姜と紫蘇を同時に摂ることで生まれます。生の生姜にある「ジンゲロール」は強い殺菌力を持っています。お寿司の「ガリ」である紅生姜は生臭さを消し、殺菌効果による食中毒を抑える効果があり体内の活性酸素を除去する働きである「抗酸化作用」があります。紫蘇はその漢字である蘇るという呼び方にあるように中国の若者が食中毒で一命を取り留めた薬草であり、それを「紫蘇」と呼んだようです。生姜と紫蘇を組み合わせると殺菌効果と同時に新陳代... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/13 06:00
アイコの「リコピン・ソース」
アイコの「リコピン・ソース」 アイコは加熱料理である煮炊きをする事でリコピンが活性化して抗酸化力が倍増されます。庭で苗から育てたナスも使い「アイコ・スパゲティー・ソース」を作りました。アイコはグルタミン酸があり旨味成分は昆布や椎茸と同じです。またプラム型ですから煮崩れしにくいので整った姿のまま皮ごと柔らかくなります。生食はビタミンCを確保出来ますが、リコピンは加熱処理が有効です。アイコの優れた抗酸化力により様々な老化抑制効果・美容効果が期待出来ます。 アイコは今日(月曜日)採れたものだけで作ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/12 07:00
トンでもなく美味しい 生姜焼き
トンでもなく美味しい 生姜焼き しょうが焼きだけに、たれの主役はしょうが。すりおろしたものをたっぷり使うことで、お肉にからみやすくなります。それを、醤油・酒・みりんを合わせたところに入れます。大人向けにちょっと一味プラスするなら、にんにくのすりおろしを一かけ分入れてもおいしくできます。お肉を焼く前に、しっかり混ぜて用意しておきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/11 23:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

チョコっとだけお手伝い(U)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる